ツノダ チエミ
  角田 智恵美   人間健康学部 総合健康学科   准教授
■ 標題
  養護教諭に求められる
ヘルスカウンセリングの
知識と能力(第1報)
-養護実習生への質問紙
調査を中心として-
■ 概要
  養護教諭が行うヘルスカウンセリングへの期待は高まっている。学生が養護実習中にかかわったヘルスカウンセリング事例について具体的に把握、分析し、大学での学びをどのように展開していくべきか検討した。養護教諭(実習生)のかかわる相談の内容は多岐にわたるが、特に家庭の問題に起因するような相談が多く見られた。今後は、保護者へのカウンセリング等が必要である。また、対人関係能力が低い児童生徒やいじめへの対処を行う機会も多く、養護教諭がソーシャルスキルトレーニング等を行えることが望ましい。
  大田恵子
  共著   養成の歩み   全国私立大学・短期大学(部)養護教諭養成課程研究会   (7),26-30頁   2007/06