フジサワ マサミ
  藤澤 政美   人間健康学部 総合健康学科   教授
■ 標題
  強制運動および自発的運動がラットの前肢および後肢の骨格筋に及ぼす影響
■ 概要
  ラットに強制トレッドミルおよび水泳トレーニング、自発走トレーニングを行わせ前肢、後肢へのトレーニング効果を比較した。トレッドミルトレーニングは前肢および後肢の骨格筋に肥大を生じたが水泳トレーニングでは前肢のみに筋肥大が認められた。自発走運動は、総走行距離が多い場合にのみ後肢にトレーニング効果が認められた。
  共著   体力科学   33(6),457頁   1984