アラキ カオリ
  荒木 香織   人間健康学部 総合健康学科   教授
■ 学会発表
1. 2020/12/21 Developing Effective Internet-Delivered Sport, Exercise, and Performance Psychology Services.(8th International Seminar on Sport and Exercise Psychology)
2. 2020/11 シンポジウム 1 アスリートに対するメンタルサポート「ピークパフォーマンスのためのメンタルパフォーマンストレーニング」(第31回日本臨床スポーツ医学会学術集会)
3. 2020/09 Organised Symposia: Scientific Support Behind Japan’s Success at RWC2019. Developing a winning team:Consulting with RWC2015 Japan national team.(The 2020 Yokohama Sport Conference)
4. 2019/11/16 スポーツにおける個人のレジリエンスについての探索的研究(スポーツ心理学会第46回大会)
5. 2019/11/15 メンタルトレーニングコンサルタントに必要なコンピテンシーを考える:コンサルティングにおける他領域の専門家との協働(スポーツ心理学会第46回大会)
全件表示(25件)
■ 著書・論文歴
1. 2020/11 その他 寄稿:管理監督者のリーダーシップと職員のレジリエンス  人事院月報  855,2-5頁  (単著) 
2. 2019/12 著書  リーダーシップを鍛える ラグビー日本代表「躍進」の原動力      (単著) 
3. 2019/12 論文  トップアスリートへのコンサルテーション:スポーツ心理学者の役割  ストレス科学研究  34,18-24頁  (単著) 
4. 2019/04 その他 トップスポーツにおける社会環境要因と心理的要因の包括的検証
-アスリートを取り巻く環境とメンタルタフネスとの関係-  2018年度 笹川スポーツ研究助成 研究成果報告書     
5. 2018/10 論文  実力発揮へのメンタルスキル  関節外科  37(10),1087-1091頁  (単著) 
全件表示(34件)
■ 所属学会
1. 2004~ 日本スポーツ心理学会
2. 2011/11~2016/11 ∟ 理事
3. 日本体育学会
4. ∟ 体育心理学専門領域 理事
5. Asian-South Pacific Association of Sport Psychology
全件表示(6件)
■ 学歴
1. 2001/08~2004/08 University of North Carolina at Greensboro Sport and Exercise Science Sport and exercise psychology 博士課程修了 Doctor of Phylosophy(Sport Science)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2009/04~2012/03  完全主義傾向の検討および心理的スキルトレーニングの効果  若手研究(B)  (キーワード:完全主義 / 完全主義傾向 / スポーツ / スポーツ完全主義尺度 / メンタルトレーニング)
2. 2011/04~2012/02  トップスポーツに関わる女性のアスリート・コーチ・理事の経験を探る  その他の補助金・助成金 
3. 2014/04~2018/03  スポーツにおける成功体験と心理・環境要因のメカニズムの構築  基盤研究(C)  (キーワード:メンタルタフネス / レジリエンス / 完全主義傾向 / 成功体験 / 心理環境要因 / 楽観性 / ホープ / 心理・環境要因)
4. 2018/04~2019/02  トップスポーツにおける社会環境要因と心理的要因の包括的検証 -アスリートを取り巻く環境とメンタルタフネスとの関係-  その他の補助金・助成金 
■ 講師・講演
1. 2016/04 「最高のパフォーマンスを発揮するヒント」
2. 2016/04 「勝ちの文化を作る:ラグビー日本代表の軌跡」
3. 2016/04 「勝ちの文化を作る~ラグビー日本代表の軌跡~」
4. 2016/04 「勝つチームのメンタル力」
5. 2016/04 「生物資源科学部で進化しよう!~メンタルも鍛える大学生活~」
全件表示(160件)
■ ホームページ
   荒木香織
■ 現在の専門分野
  スポーツ心理学・健康心理学 (キーワード:スポーツにおける完全主義傾向、女性とスポーツ、メンタルトレーニング)