オカモト ヒサユキ
  岡本 久之   人間健康学部 学部 共通   教授
■ 学会発表
1. 2017/12 ツーリズムと環境に関する理論研究のサーベイ(日本国際経済学会中部支部冬季大会)
2. 2016/07 ツーリズム経済の環境政策が要素報酬と経済厚生に及ぼす効果の包括的分析(日本国際経済学会関西支部研究会)
3. 2004/10 プロダクトサイクルと世界の所得分配:再考(日本国際経済学会関西支部研究会)
4. 1996/10 North-South Trade, Income Distribution, and Welfare Effects of R&D Policy(日本国際経済学会関西支部研究会)
5. 1991/10 Cournot Competition, Intra-Industry Trade and Non-Constancy of Marginal Costs: A Three-Country Case(理論・計量経済学会1991年度大会)
全件表示(10件)
■ 著書・論文歴
1. 2020/03 論文  "Tourism Infrastructure, the Environment : How does Environmental Regulaton Affect Welfare, Tourism Industry, and Domestic Wage Inequality?"  Discussion Paper No.113    (共著) 
2. 2019/03 論文  "Tourism Infrastructure, the Environment, and International Trade"  Discussion Paper No.108    (共著) 
3. 2018/10 論文  「ツーリズム経済の環境政策が要素報酬と経済厚生に及ぼす効果の包括的分析」  『国際経済』  69,107-132頁  (共著) 
4. 2017/03 論文  「ツーリズム産業を持つ小国経済モデルにおける環境規制課税の及ぼす効果の包括的分析」  『政策科学』  24(3),17-34頁  (単著) 
5. 2012/06 論文  「品質・価格競争モデルにおける財の品質向上と通商政策―最適政策は存在するか―」  『現代経済理論と政策の諸問題』  87-103頁  (単著) 
全件表示(40件)
■ 所属学会
1. 1978/10~ 日本経済学会
2. 1978/10~ 日本国際経済学会
3. 1998/10~2001/09 ∟ 幹事
4. 2001/10~2005/09 ∟ 理事
5. 2006/10~2019/09 ∟ 常任理事
全件表示(7件)
■ 学歴
1. 1973/04~1977/03 神戸商科大学 商経学部 経済学科 卒業 経済学士
2. 1977/04~1979/03 神戸商科大学 経済学研究科 修士課程修了 経済学修士
3. 1979/04~1982/03 神戸商科大学 経済学研究科 博士課程単位取得満期退学
4. 1988/09/14
(学位取得)
神戸商科大学 経済学博士
■ 職歴
1. 1982/04~1984/03 名古屋市立大学 経済学部 助手
2. 1984/04~1989/03 中部大学 経営情報学部 専任講師
3. 1989/04~1990/03 中部大学 経営情報学部 助教授・准教授
4. 1991/04~1995/03 神戸商科大学 商経学部経済学科 助教授
5. 1995/04~2006/03 神戸商科大学 商経学部経済学科 教授
全件表示(12件)
■ 教育上の能力
●作成した教科書、教材
1. 1990/04 『エッセンシャルズ経済学』(成文堂)
2. 1997/04 『経済理論の基礎』(中央経済社)
■ 委員会・協会等
1. 1994/06/01~2010/05/31 淡水会 常任理事
2. 1997/04/01~ 上河賞基金 管理運用委員
3. 2004/10/01~2005/09/30 機関誌The International Economy 編集責任者
4. 2005/10/01~2010/09/30 機関誌The International Economy アソシエイト・エディター
5. 2006/04/01~2008/03/31 財団法人千種奨学会 評議員
全件表示(12件)
■ メールアドレス
  
■ 現在の専門分野
  経済成長論、マクロ経済学、経済厚生、ミクロ経済学, 国際貿易論、国際経済学、開発経済学 (キーワード:国際貿易、ツーリズム、環境規制、経済厚生、所得格差) 
■ 受賞学術賞
1. 2018/12 兵庫県教育功労賞
2. 2019/09 日本国際経済学会 小島清優秀論文賞 (ツーリズム経済の環境政策が要素報酬と経済厚生に及ぼす効果の包括的分析)