コンドウ アヤ
  近藤 綾   人間教育学部 児童教育学科   准教授
■ 主要学科目
発達心理学(1)・(2),教育心理学,保育の心理学と実践演習,カウンセリングⅠ,臨床心理学,児童教育特別研究(1)(2)
■ 学会発表
1. 2015/02/01 幼児期における善悪判断の基準(日本発達心理学会第26回大会)
2. 2014/04/01 保育者養成におけるマナーの重要性(日本保育学会第67回大会)
3. 2014/04/01 幼児の動物画に関する発達的研究(1)-想像画と観察画の比較-(日本保育学会第67回大会)
4. 2014/04/01 幼児の動物画に関する発達的研究(2)-女子大学生による印象評定-(日本保育学会第67回大会)
5. 2014/02/01 認知発達におけるデジタルとアナログ (3):幼児の記憶(日本発達心理学会第25回大会)
全件表示(27件)
■ 著書・論文歴
1. 2012/03 著書  心理学研究の新世紀 第3巻 教育・発達心理学  心理学研究の新世紀 第3巻 教育・発達心理学 湯澤正通・杉村伸一郎・前田健一編  第3巻(第4章),90-103頁  (共著) 
2. 2012/03 論文  算数と漢字につまずきを感じる児童への認知カウンセリング  広島大学心理学研究  (11),349-364頁  (共著) 
3. 2012/03 論文  ワーキングメモリの小さい子どもに対する学習支援―小学校3年国語科授業における教授方略の効果―  広島大学学部・附属学校共同研究機構,学部・附属学校共同研究紀要,40巻,pp. 17-22    (共著) 
4. 2012/03 論文  他者認識と心の理論が幼児の自己防衛的嘘に及ぼす影響  広島大学心理学研究  (11),89-98頁  (共著) 
5. 2012/03 論文  きょうだい児におけるストレス反応とソーシャルサポートおよびセルフエスティームの関連  広島大学心理学研究  (11),201-213頁  (共著) 
全件表示(22件)
■ 所属学会
1. 2007/02~ 日本教育心理学会
2. 2007/03~ 日本発達心理学会
3. 2008/09 日本保育学会
4. 2008/11~ 日本認知心理学会
5. 2010/06~ 日本心理学会
全件表示(6件)
■ 学歴
1. 2000/04~2003/03 川崎医療福祉大学 医療技術学部 感覚矯正学科 視能矯正専攻 中退
2. 2003/04~2005/03 香川大学(編入学) 教育学部 人間発達環境課程発達臨床コース 卒業 学士(教養学)
3. 2005/04~2007/03 福岡教育大学 大学院 教育学研究科 学校教育(心理学)専攻 修士課程修了 修士(教育学)(教育学)
4. 2007/04~2010/03 広島大学 大学院 教育学研究科 教育人間科学専攻 博士課程修了 博士(心理学)
■ 職歴
1. 2010/04~2010/04 広島大学大学院教育学研究科 研究員
2. 2010/05~2012/03 広島大学大学院教育学研究科 心理学専攻 心理学講座 助教
3. 2012/04~2018/03 園田学園女子大学 人間教育学部 児童教育学科 助教
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2010/05/01~ ミニッツ・ペーパーの実施
2. 2010/05/01~ 講義内での心理学実験・質問紙の実施
3. 2010/05/01~ 視聴覚教材の活用
●作成した教科書、教材
1. 2010/05/01~ PowerPointによる講義用教材・補助教材(配布資料)の作成
●その他教育活動上特記すべき事項
1. 2012/04~ 教員採用試験対策講座(教育心理)
全件表示(7件)
■ 社会における活動
1. 2008/04~2010/03 広島県私立幼稚園実践教育研究会 助言者
2. 2010/05~2010/09 日本社会心理学会第51回大会 準備委員会 運営委員
3. 2011/04~2012/03 中国四国心理学会 幹事(事務局)
4. 2012/04~ 子育て相談
5. 2013/10~ 公開講座
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2008/04~2009/03  子どもの目撃証言能力を規定する要因に関する研究―外部情報のソースモニタリング能力に関する実験的検討―  個人研究 
2. 2013/04~2014/03  保育者養成におけるマナー教育の重要性ー日常生活と実習における効果の検証ー  学内共同研究 
3. 2014/04~  幼児のソースモニタリングにおける帰属過程の解明と発達的変化  若手研究(B) 
■ メールアドレス
  
■ 現在の専門分野
  教育心理学, 実験心理学 (キーワード:幼児,発達,ソースモニタリング,記憶,うそ,オノマトペ,描画) 
■ 受賞学術賞
1. 2008/08 発達科学研究教育センター平成20年度研究教育奨励賞