タブチ マサキ
  田渕 正樹   人間健康学部 食物栄養学科   准教授
■ 主要学科目
生化学,栄養学総論,生化学実験
■ 学会発表
1. 2019/05/17 高齢出産における発達障害発症のリスク因子の解析(第73回日本栄養・食糧学会大会)
2. 2018/05/12 高齢出産における妊娠高血圧が及ぼす発達障害の発症機序の解明(第72回日本栄養・食糧学会大会)
3. 2018/05/12 妊娠高血圧緩和による発達障害の改善効果に関する検討(第72回日本栄養・食糧学会大会)
4. 2017/09/26 地域における手洗い指導の拠点構築~学生の参加がもたらす効果~(日本防菌防黴学会 第44回年次大会)
5. 2016/10/22 妊娠高血圧がラット胎仔神経幹細胞の発達・分化に及ぼす影響(第55回 日本栄養・食糧学会近畿支部大会)
全件表示(16件)
■ 著書・論文歴
1. 2020/01 論文  兵庫県における脳梗塞による死亡の地域特性  園田学園女子大学論文集  54,79-85頁  (単著) 
2. 2016/09 著書  糖質の代謝(1),脂質の代謝  ヒトの基礎生化学  85-96-109-122頁  (共著) 
3. 2014/12 論文  Is hyperuricemia a risk factor for arteriosclerosis? Uric Acid and arteriosclerosis in apolipoprotein e-deficient mice.  Biol Pharm Bull.  37(12),1866-1871頁  (共著) 
4. 2014/07 著書  アディポネクチン  日本臨牀増刊号 最新臨床脳卒中学(上)-最新の診断と治療-  250-252頁  (共著) 
5. 2013/11 著書  新版茶の機能~ヒト試験から分かった新たな役割      (共著) 
全件表示(50件)
■ 所属学会
1. 1997/10~ 高血圧関連疾患モデル学会
2. 1998/11~ 日本薬理学会
3. 2004/04~ ∟ 学術評議員
4. 2006/08~ 日本栄養・食糧学会
5. 2007/08~ 日本生化学会
全件表示(9件)
■ 学歴
1. 1991/04~1996/03 大阪市立大学 工学部 生物応用化学科 卒業 学士(工学)(生物機能・バイオプロセス)
2. 1996/04~1998/03 静岡県立大学 生活健康科学研究科 環境物質科学専攻 修士課程修了 修士(環境科学)(環境生理学(含体力医学・栄養生理学))
3. 1998/04~2001/03 静岡県立大学 生活健康科学研究科 環境物質科学専攻 博士課程修了 博士(環境科学)(環境生理学(含体力医学・栄養生理学))
■ 職歴
1. 2001/04~2007/03 近畿大学 医学部 助手
2. 2007/04~2010/03 近畿大学 医学部 助教
3. 2010/04~2014/04 近畿大学 医学部 講師
4. 2014/05~ 近畿大学 医学部 非常勤講師
5. 2014/05~ 園田学園女子大学 人間健康学部 食物栄養学科 准教授
■ 資格・免許
1. 2010/10/07 衛生工学衛生管理者免許
2. 2017/10/01 公認ソフトボールコーチ1(日本スポーツ協会)
3. 2019/12/03 薬理学エデュケーター(日本薬理学会)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2005/04~2006/03  運動療法による脳卒中発症予防のメカニズム  若手研究(B)  (キーワード:脳卒中、運動療法、一酸化窒素、レニン・アンジオテンシン系)
2. 2007/04~2008/03  緑茶成分エピガロカテキンガレートによる脳卒中発症予防のメカニズム  若手研究(B)  (キーワード:緑茶カテキン、脳卒中、酸化ストレス)
3. 2011/04~2014/03  肥満・やせの表現型にあわせた脳卒中予防戦略の構築  若手研究(B)  (キーワード:肥満、やせ、脳卒中、脂質代謝異常、アディポネクチン)
4. 2014/04~2017/03  妊娠高血圧症が小児期の精神・行動発達に及ぼす影響に関する分子基盤の解明  基盤研究(C)  (キーワード:妊娠高血圧症、発達障害、多動、予防)
■ 講師・講演
1. 2010/02 緑茶カテキンの脳卒中予防効果(大阪市)
2. 2016/07 緑茶の健康科学 -がんと脳卒中の予防を目指して-(尼崎市)
3. 2016/09 緑茶の健康科学,骨粗鬆症を防ぐ生活習慣(尼崎市)
4. 2018/01 「塩」と健康(尼崎市)
5. 2019/11 長寿になるための食生活とは(尼崎市)
■ 現在の専門分野
  環境生理学(含体力医学・栄養生理学), 薬理学一般, 実験動物学 (キーワード:発達障害、動物モデル、加齢) 
■ 受賞学術賞
1. 2008/08 第16回日本運動生理学会大会 YIA優秀賞(第16回日本運動生理学会大会) (長期自発的運動のラット脳卒中発症予防効果)