ヤマカワ マサル
  山川 勝   人間健康学部 食物栄養学科   教授
■ 主要学科目
解剖生理学、病理病態学、病態栄養学
■ 学会発表
1. 2014/09/27 倒錯型心室頻拍 [TdP] に予防的治療介入を行ったQT延長症候群の1例:(第263回日本小児科学会兵庫県地方会)
2. 2013/05/25 遺伝子解析に基づく遺伝性致死的不整脈管理神戸(第259回日本小児科学会兵庫県地方会)
3. 2013/04/20 遺伝子変異が同定された先天性QT延長症候群43例のコホート研究(第116回日本小児科学会学術集会)
4. 2013/03/24 先天性QT延長症候群に対する遺伝子診断に基づく突然死防止戦略(第26回近畿小児科学会)
5. 2012/05/26 病院小児科退縮が地域小児救急医療に与えるインパクト(第256回日本小児科学会兵庫県地方会)
全件表示(41件)
■ 著書・論文歴
1. 2020 論文  Telethonin variants found in Brugada syndrome, J-wave pattern ECG, and ARVC reduce peak Na v 1.5 currents in HEK-293 cells.  Pacing Clin Electrophysiol.  43,pp.838-846  (共著) 
2. 2018 論文  エトレチナート早期投与により良好な中長期予後が得られた道化師様魚鱗癬の1例.  日本小児皮膚科学会雑誌  37,81-86頁  (共著) 
3. 2018 論文  川崎病の病歴を欠く冠動脈瘤・陳旧性心筋梗塞の1例. 2018; 38: 723-726  PROGRESS IN MEDICINE  38,723-726頁  (共著) 
4. 2018 論文  Heart Rate, Responsiveness to Intravenous Immunoglobulin, and Coronary Artery Aneurysms in Kawasaki Disease.  J Pediatr  200,pp.160-165  (共著) 
5. 2018 論文  遺伝性不整脈合併母体の妊娠出産.  青田千恵, 山川勝, 宮越千智, 鶴田悟.  34,155-159頁  (共著) 
全件表示(81件)
■ 所属学会
1. 日本小児科学会
2. 日本小児循環器学会
■ 学歴
1. 1980/03/25
(学位取得)
医学士
■ 職務上の実績
●実務の経験を有する者についての特記事項
1. 1980/06/01~ 神戸市立医療センター中央市民病院小児科・新生児科勤務
■ 授業科目
1. 解剖生理学I
2. 解剖生理学II
3. 解剖生理学実習
4. 病態栄養学II
5. 病理病態学I
全件表示(6件)
■ 資格・免許
1. 1977/11/21 1種放射線取扱主任者
2. 1980/05/28 医師免許
3. 1988/11/29 日本小児科学会認定医(現行制度専門医)
4. 2004/11/13 アメリカ心臓病協会認定PALS(小児高度救命処置)プロバイダ
5. 2014/01/19 医師臨床研修制度臨床研修指導医
■ 社会における活動
1. 社会保険診療報酬支払基金審査委員
2. 神戸市小児慢性特定疾患審査委員
■ 講師・講演
1. 2007/11 NICUサバイバル 阪神淡路大震災を経験して(高松市)
2. 2010/03 ER型救命救急センター発小児救急総合診療トピックス.(西宮市)
3. 2010/09 新型インフルエンザ流行から学ぶ -その時,神戸の小児救急医療は- 三次救急の立場から(神戸市)
4. 2013/02 国民健康保険崩壊で医療の現場はこう変わる - 産婦人科・小児科の立場から(神戸市)
5. 2014/02 突然死防止のパラダイムシフト - 学校心臓検診と心肺蘇生とのリンク(神戸市)
全件表示(6件)
■ 委員会・協会等
1. 尼崎地域保健問題審議会
■ メールアドレス
  
■ 受賞学術賞
1. 1998/05 第101回日本小児科学会学術集会 優秀賞